TEL:092-481-2418
福岡市博多区比恵町5-2野原ビル1F
診療時間 9:00~13:00 / 14:30~18:30

治療症例

審美歯科(美容歯科)

インプラント

採用情報

はたの歯科医院スタッフブログ

HOME»  治療症例

ブリッジ

  • 治療前
  • 治療後

歯のなくなったところの両隣の歯を削って、それらを支台とし、欠損部に橋を掛けたような形のものをブリッジといいます。
ブリッジは固定式で取り外しができませんので、比較的装着感がよくしっかりかむことができます。

作製するブリッジの素材は患者様自身でお選びいただけます。

  • 当院にあります冊子にて料金(保険が使えるもの・自費のもの)・素材・特徴(アレルギー反応の有無など)をお確かめください。
  • 当院ではクレジットカードが使えます。
メリット
  • 装着時の違和感が少ない
  • 審美性にすぐれている
  • 比較的簡単
  • インプラントに比べると治療期間が短い
デメリット
  • 両隣の歯を削る必要がある
  • 口腔内に固定されているので不潔になりやすく、特別な清掃方法を習得する必要がある
  • ブリッジ支台となったそれぞれの歯の生理的な動揺を阻害する
  • 支台歯に過剰な負担がかかって歯周組織に悪影響を起すことがある
  • 両隣の歯が過重負荷のものブリッジを支えるため、健康なこれらの歯の寿命は縮まる

インプラント

  • 前歯のインプラント 治療前
  • 前歯のインプラント 治療前
  • 奥歯のインプラント 治療前

  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後

インプラントは天然の歯のように機能するすばらしい人工歯です。

インプラントについて詳しくはこちら >>

インプラントの上に被せるクラウンやブリッジの素材については患者様自身でお選びいただけます。
当院では、木曜の午後や診療時間とは別にインプラントの手術時間を設け医師2名・歯科衛生士2名で一人の患者様の手術を行っております。

  • 当院にあります冊子にて料金(保険が使えるもの・自費のもの)・素材・特徴(アレルギー反応の有無など)をお確かめください。
  • 当院ではクレジットカードが使えます。
メリット
  • 両隣在歯を削らなくてすむ
  • 比較的手入れもしやすく、審美性にすぐれる
  • 自分の歯と同じくらいの力でかむことができる
デメリット
  • 比較的治療期間が長い
  • 手術をうけなくてはならない

インプラント義歯

総入れ歯(総義歯)は歯肉との吸着力で支えられています。それでどうしても自然の歯と比べるとかむ力が弱く、味覚が落ちます。しかし顎の骨にしっかりと固定されたインプラントを入れ歯の維持として利用することで、小さくてガタつきがなく安定した入れ歯をつくることができます。取り外し式の入れ歯であることを気にしなければ、自分の歯のようにしっかりかめて、すべての歯をインプラントで修復するよりも安価ですみます。

メリット
  • 義歯(入れ歯)が動かない
  • 義歯の床の部分を小さくできる
  • 通常の義歯に比べ強い力で噛むことができる
デメリット
  • 比較的治療期間が長い
  • 手術をうけなくてはならない
  • 顎の骨の状態によってはできない場合もある
  • 支台となっている部分の装置の手入れが必要である

その他、インプラント以外の総入れ歯(総義歯)なども患者様自身でお選びいただけます。

  • 当院にあります冊子にて料金(保険が使えるもの・自費のもの)・素材・特徴(アレルギー反応の有無など)をお確かめください。
  • 当院ではクレジットカードが使えます。

歯の移植

むし歯や歯周病で歯を失ったところに、自分の歯を利用して、それを植えなおす治療法を自家歯牙移植といいます。
悪い歯を抜歯した部位に健康な歯周組織を持つ別の歯を抜いて移植します。
移植した歯の周りに新しい骨ができて、その歯とまわりの組織がなじんできます。

歯の移植は健康保険が使えます。しかし、移植にはかなり条件があります。

  • 当院にあります冊子にて条件などをお確かめ頂くか、歯科医師・歯科衛生士にご相談ください。
  • 当院ではクレジットカードが使えます。
メリット
  • 歯のないところに、他の歯に負担をかけずに単独歯で力を受けることができる
  • 自分自身の歯である
  • 矯正も可能
  • 根未完成歯であれば神経を残すことも可能
デメリット
  • 手入れが悪ければ、むし歯・歯周病にもなる
  • 移植する歯(健康な親知らずなど)が必要
  • 移植歯の歯根の形、歯の大きさ、移植部の状態などにより適応症が絞られる
  • 生着しない可能性もある

ラミネートベニア

  • 治療前
  • 治療後

歯の表面の硬い部分を一層削り、そこにセラミックの薄いシェルをはりつける治療法です。
付け爪をイメージしてもらえるといいかもしれません。

主に前歯の広範囲のむし歯、変色した歯を白くする場合の治療法です。また、歯と歯の間に隙間がある場合や、極端に変形した歯にはりつけることによって自然な歯並びにカイフクすることができます。

セラミッククラウンに比べると削る量が少なく、歯へのダメージが少ないのが特徴です。

  • 当院にあります冊子にて料金・特徴などをお確かめください。
  • 当院ではクレジットカードが使えます。
メリット
  • 歯を削る量が少ない
  • 歯ぐきへのダメージが少ない
  • 一度に多くの前歯を治療するのに効果的
デメリット
  • かみ合わせの関係で治療できない場合もある
  • 破折、破損の可能性もある
  • 細かい色調の調整は困難
  • 重度の変色歯(テトラサイクリン(薬物)の着色など)の改善には限界がある

ホワイトニング(漂白)

  • 治療前
  • 治療後

「芸能人は歯が命」というキャッチフレーズが流れ、白い歯に対する関心は一気に高まりました。
治療法は、大きく分けてオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類の術式があります。
当院では、ホームホワイトニングのみ行っております。

ホワイトニングについて詳しくはこちら >>

ホームホワイトニングは、患者様が家庭で行うものです。

  • 当院にあります冊子にて料金・特徴などをお確かめください。冊子の他にも詳しい資料がございます、ご遠慮なくお申し付けください。
  • 当院ではクレジットカードが使えます。
メリット
  • 歯を削らないで白くできる
  • 術式が簡単で安全である
  • 治療費が比較的安価である
デメリット
  • 口の中にトレーを装着しないといけない
  • 白くする程度に限界がある
  • 将来着色する可能性がある
  • 治療中一時的に歯がしみることがある
  • 個々の歯に対しての色の調整が困難
  • むし歯がある場合は困難
PageTop