TEL:092-481-2418
福岡市博多区比恵町5-2野原ビル1F
診療時間 9:00~13:00 / 14:30~18:30

口腔外科

審美歯科(美容歯科)

インプラント

採用情報

はたの歯科医院スタッフブログ

HOME»  口腔外科

口腔外科とは

口腔外科」とは顎骨のなかに埋まっている親知らずの抜歯、口のなかのできものの切除術などです。

しかし、外科だけを扱う科では決してありません。

顎・口腔には多種多様な病気が起こります。

親知らず、顎骨炎、骨髄炎、口内炎(難治性も含む)、顎関節症、神経痛、癌(歯肉癌・舌癌)、口腔心身症など、列挙すればきりがないほどです。

口腔外科という診療科は、このように顎・口腔に起こるさまざまな病気の診断を下し、治療をする科でもあります。

親知らずとは

親知らず」とは、個人差はありますが、20歳前後に生えてくる第3大臼歯です。

現代人で上下4本きちんと生えている人は少数です。

現代人の顎は細く、この親知らずが生えるスペースがないために、正常に生えることが出来ず、前方に傾いて生えたり、横向きのまま大部分が歯肉に埋まった状態だったりすることで、痛みを生じたり、歯並びが悪くなったり、他の歯に悪い影響を及ぼしたりします。

異常に生えた親知らずが引き起こす問題点

問題点・1
歯ブラシが届きづらく、むし歯や親知らずの周りの歯ぐきに炎症、口臭の原因になりやすい。
親知らずが原因の炎症は重篤な症状をおこしやすく、あごの周囲の組織に広がることがあり、とくに下あごの親知らずでは口が開きずらくなったり、ものが飲み込みにくくなったりします。
問題点・2
正常にはえていない親知らずは歯茎や頬の粘膜を噛んでしまったりします。
また噛み合わせがわるく、顎関節や顎の筋肉に負担をかけたりします。
問題点・3
親知らずの一部が露出している状態では、歯と歯ぐきのあいだに食べ物のカス(食渣)や歯垢が付着しやすく、虫歯になりやすい。
問題点・4
斜めや真横になっている親知らずをそのままにしておくと隣の歯を押したりして歯並びを乱したり、かみ合わせが悪くなる可能性がある。
特に矯正治療を行った方は注意が必要です。

親知らずの抜歯

正常に生えている親知らずであれば、特に抜歯する必要はありません。

ただし、大部分が歯肉に埋まったりしている親知らずは隣の歯の深い部分に虫歯を作ったりと悪影響を及ぼしますので、抜歯することをお勧め致します。

また、親知らずの抜歯は、普通の歯の抜歯と違って口腔外科的技術が必要となります。

口腔外科専門の歯科医院にて抜歯することをお勧め致します。

親知らずの抜歯治療の流れ

抜歯のステップ

親知らず・抜歯の治療には健康保険が使えます。

※当日に抜歯を希望される方に可能な限り対応致しますが症状によってはご希望に添えない場合もございます、お電話でのご連絡をお願い致します。

抜歯した後の対応について

○通常、翌日に消毒のためご来院をお願いしております。
但し、ご都合によりご来院できない方は担当医にお申し出ください。
その後、一週間後に抜糸し、特に気になる症状がなければ治療終了となります。

顎関節症

顎関節症」とは、「顎が痛い」、「顎の関節がカクカクなる」、「口が開けづらい(開かない)」、「口の開閉時に痛みがある」などの症状の総称です。

顎関節症と言っても、顎の筋肉痛のような軽い症状のものから、顎の骨の変形や開口障害など、手術を必要とする重い症状のものまで幅広く存在します。

顎の筋肉痛など一時的に痛みが発生しても、自然に治る場合もあります。

顎になんらかの症状がある現代人は多く、患者層も子供から高齢者まで幅広く見られる病気ですが、特に若い女性に多い病気であると言われています。

顎関節症の症状や原因は様々であり、その治療法も症状や原因により変わってきます。

症状の軽重に関わらず、まずはお気軽にご相談ください。

PageTop